フラクセルII(FraxelII)

生まれたての赤ちゃんの肌のように~改善するのではなく入れ替える~フラクセルII(FraxelII)

年齢とともに、お肌にはさまざまな悩みやトラブルが出てきます。そんなお悩みが、あなたらしい若々しさを邪魔したり、心までくすませたりしていませんか? そんなお肌を、お悩みごと脱ぎ捨てるなら、アンチエイジング・レーザー「フラクセルII(FraxelII)」がおすすめです。

横浜市都筑区の美容皮膚科・美容外科「松井クリニック」では、「フラクセルII(FraxelII)」を導入しています。どんな肌も生まれたてのベビースキンに入れ替えたような若々しさを取り戻せる、新次元アンチエイジング・レーザー「フラクセルII(FraxelII)」。ご興味がある方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。

フラクセルII(FraxelII)とは

オーダー3:フォトRFリファーム

フラクセルは、直径約0.1mmの肉眼では見えない極小のレーザーを、皮膚1cm2あたり1,000~2,000発ほど照射します。照射部分の周りに、ダメージを受けていない正常な皮膚を残すことから、皮膚の再生を促進させ、ダウンタイムを最小に抑えます。1回の治療で、12~20%の肌が入れ替えられ、約5回の施術を1クールとして受けるのがおすすめです。

他のレーザー・光治療(IPL)が色調の改善を、RF治療が形状の改善をしているのに対し、フラクセルIIは、肌の入れ替えを実現しているといってもよいほどの治療効果をもたらします。

従来のレーザーとの違い
フラクセルII(FraxelII)の効果

究極の美肌獲得レーザーといっても過言ではない「フラクセルII(FraxelII)」。加齢であらゆるダメージを受けたお肌を再生し、生まれたての赤ちゃんのお肌に取り替えたように感じられます。従来の「フラクセル」とくらべてレーザーの深達度が格段に深くなったにもかかわらず、「痛み」は大幅にクリアされています。元の肌の状態へ戻る時間も最小限に抑えられ、日常生活に邪魔にならないことから、気軽に治療を受けていただけます。

肌の若返り 肌の深部からの再生を促すため、しみ・そばかすを改善。肌のきめも整った、全体的に透明感のあるみずみずしい肌にします。また、しわたるみも改善でき、ハリと弾力のあるお肌が手に入ります。毛穴も目立たなくなります。
ニキビ跡・肌のデコボコ あきらめていたニキビ跡や、肌のデコボコにも大きな効果があります。今までお肌のお手入れに関心がなかった男性には、特におすすめの治療です。
手や首など顔以外もOK これまでの治療器具ではなかなかできなかった、顔以外の部位への照射も可能です。年齢を感じさせやすい手や首のケアで、さらなる美しさを手に入れられます。痛みをほとんど感じさせないため、妊娠線・肉割れにも対応可能です。

症例紹介

顔への施術
  • 顔への施術 Before
  • 顔への施術  After
  • 顔への施術 Before
  • 顔への施術  After
  • 顔への施術 Before
  • 顔への施術  After
手への施術
  • 手への施術 Before
  • 手への施術  After

コース紹介

施術の流れ
STEP1.洗顔 STEP2.麻酔 STEP3.照射 STEP4.保湿
STEP1.洗顔 STEP2.麻酔 STEP3.照射 STEP4.保湿
メイクを落とし、洗顔します。 麻酔クリームを治療部位に塗り、30分~1時間ほど待ちます。 フラクセルIIを照射します。照射時間は顔全体で15~20分程度です。 洗顔後、お肌を十分に保湿します。メイクをしてお帰りいただけます。日中は日焼け止めを必ず使ってください。
治療後の流れ
治療直後 日焼けをしたときのような赤みと腫れが出て、肌が脈打つような状態になります。2~3時間後に落ち着きます。冷たいタオルなどで冷やし、保湿とUVケアをしてください。
1~3日後 治療直後の強い赤みはほとんど落ち着きます。照射部分が目には見えない小さなかさぶたになり、肌がざらつきます。※個人差があります。
4~7日後 数日かけて、顔全体の皮がむけ、つるつるの肌があらわれます。つい、こすってざらつきをとりたくなりますが、自然にはがれ落ちるのを待ちましょう。
1か月後 赤みや腫れは完全に治まっています。次の治療を受けることができます。
3~6ヶ月後 治療を数回繰り返すことで、効果がさらに高まります。長期にわたってプルプルの肌を維持できるようになります。
料金表
全顔 70,000円
50,000円
両手 50,000円
鼻と両頬の一部(毛穴ゾーン) 40,000円
両頬 40,000円
額(おでこ) 30,000円
下顎(あご) 30,000円
25,000円
腹部・その他(妊娠線や傷跡) ご相談

※価格はすべて税別です。

【フラクセルII(FraxelII)の注意点】

日焼け厳禁 治療の前後1ヶ月は、絶対に日焼けをしないようにしてください。外出時には必ず日焼け止めをご使用ください。
こすらない 治療後は、肌が乾燥し、かさぶたによるザラザラ感が生じます。気になりますが、絶対に強くこすらないようにしましょう。しっかりと保湿しながら、自然にはがれ落ちるのを待ちましょう。
他の治療は2週間あけて フラクセル治療後に、レーザー光治療RFピーリングなどを受けたい場合は、必ず医師に相談し、最低でも2週間はあけるようにしましょう。
レチノイン酸化粧品に注意 レチノイン酸を使用する治療も、最低でも2週間はあけるようにしてください。また、レチノイン酸やトレチノイン、AHAなどが配合された化粧品や洗顔料は、フラクセル照射後1週間以内は使わないようにしてください。
ヘルペス既往症の方へ ヘルペス既往症がある場合は、必ず施術前に医師にご相談ください。

「フラクセルII(FraxelII)」についてよくある質問

Q.痛みはありますか?
A.従来の「フラクセル」には、チクチクと針に刺されるような痛みがありましたが、当クリニックで採用している「フラクセルII(FraxelII)」では、痛みを大幅に緩和されています。感じ方には個人差がありますが、従来とくらべて1/2ほどに軽減されています。
Q.治療効果は何回くらいで得られますか?
A.肌が入れ替わる感じは、1回目の治療から実感していただけます。ニキビ跡や瘢痕(はんこん:いわゆるケロイド)治療の場合は、数回の治療が必要です。回数を重ねるほど、高い効果を実感していただけるのがフラクセルIIの特徴です。

※治療効果・感じ方には個人差があります。

Q.ダウンタイムはどれくらいですか?
A.赤み・腫れともに、長くとも1週間以内に治まります。治療目的やご要望に応じて、出力および設定が変わり、通常よりも長く続くこともありますので、不安なときは担当医師にご相談ください。
Q.治療後の色素沈着はありませんか?
A.紫外線に当たったり、こすったりする刺激があると、一時的な色素沈着を起こす場合があります。照射後は、お肌を極力デリケートに扱ってください。色素沈着防止のためにも、日焼け止めを使ったり、「ハイドロキノン」配合の美白化粧品を使ったりするのがおすすめです。
Q.治療後にすぐメイクをしても大丈夫ですか?
A.フラクセルII照射後も、角質のバリア機能は残っていますので、メイクをしてお帰りいただけます。多少の赤みや腫れはありますが、日焼け止めさえしっかりしていただければ、普通に生活していただいて結構です。