フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)

新機能ヘッドでIPLの高い治療効果を~フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)~

フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)とは

光(IPL)治療機器の規格は、白人用に開発されたものが多くあります。そのため、比較的メラニン色素が多い日本人に使用するためには、その都度、機器設定に繊細な変更が必要になってきます。また、部分的な使用でも、出力などの調整が難しい場面があります。

横浜市都筑区の美容皮膚科・美容外科「松井クリニック」では、患者さまからのご要望が多い光治療をより最適な状態でご提供できるよう、日本人向けの「ライムライト」や、薄いしみや毛細血管拡張症にもピンポイントで対応できる「アキュティップ」といった新機能ヘッドを導入し、フォトブライト治療としてご提案しています。

フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)とは

当クリニックのフォロブライト治療では、ライムライトとアキュティップという2つの新機能ヘッドを、患者さまごと、部位・症例ごとに使い分ける施術をご提案しています。

フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)の特徴と効果
  ライムライト アキュティップ
ライムライト アキュティップ
概要 日本人の肌を念頭に、日本人医師とキュテラ社が共同で開発した新機能ヘッド ピンポイント治療用のIPLヘッド。狭い範囲でもメラニンとヘモグロビンにしっかり作用する直径6.35mmの小さな照射スポットを持つ
適応
  • しみ・そばかす・肝斑
  • 毛細血管拡張症
  • 肌の質感の乱れ・小じわ
  • 毛穴の開き
  • ニキビ跡の赤み・赤ら顔
従来機器では反応しにくかった……
  • 「薄い」しみ・そばかす
  • 「小さな」しみ・そばかす
  • 毛細血管拡張症 など
治療後 約10分のお顔全体の照射で、3~4日でかさぶたとなり、7~10日かけてはがれていきます。 治療時間はほんのわずかです。治療後は赤みが出て、その後かさぶた状になりますが、1週間ほどできれいな肌になります。
治療頻度 2~4週間で3~5回の施術を繰り返し受けるのがおすすめです。症状改善後は、メンテナンスのために3ヶ月に1回継続しましょう。 症状や改善のご要望次第ですが、2~4週間の間隔で、数回の治療を受けることがおすすめ。他の治療との組み合わせも可能です。

コース紹介

料金表
ライムライト 顔全体1回 30,000円
アキュティップ 基本料金(1照射) 3,000円
追加料金(2照射目以降) 1,000円

※価格はすべて税別です。

「フォトブライト(ライムライト・アキュティップ)」についてよくある質問

Q.施術後気をつけることはありますか?
A.他の光治療と同じように、紫外線対策はしっかりとしてください。色素沈着やしみの再発原因となります。日除けはもちろん、日焼け止めも忘れずに。
Q.顔以外のしみにも使えますか?
A.もちろん対応可能です。紫外線の影響を受けやすい背中や胸、手や腕などに効果を発揮します。
Q.適応外の症状はありますか?
A.アキュティップは肝斑が適応外です。ライムライトは肝斑や老人性色沈着など、色素病変にも高い効果が期待できます。肝斑についてはこちらでご説明していますので、ぜひ一度ご覧ください。
Q.アキュティップで、ごく限られた範囲の薄いものだけ「しみ消し」をしてほしいのですが、痛みなどはありますか?
A.しみを治療する機器はたくさんありますが、なかでも、よく使用されるQスイッチヤグレーザーと比較すると、痛み・効果ともにかなりマイルドです。そのため、治療後の赤みや色素沈着などの合併症リスクもかなり低く抑えられます。