メディカルダイエット

医薬品を使った医療機関でしかできないダイエット「メディカルダイエット」

横浜市都筑区の美容皮膚科・美容外科「松井クリニック」では、医療機器を使った痩身プログラムのほか、医薬品を使ったメディカルダイエットも行っています。健康のために肥満から抜け出したい方、メタボリックシンドロームと診断された方、これまでいろいろなダイエットを試してきたけれど効果が出なかった方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。

メディカルダイエットとは

当クリニックが行っているメディカルダイエットは、脂肪吸収阻害剤(ゼニカル)や食欲抑制剤(サノレックス)といった、いわゆる「やせ薬」を服用して行うダイエットです。医師による適切な薬の処方やダイエット指導で安全に進める必要があります。

脂肪吸収素材剤 Xenical(orlistat):ゼニカルについて

もっとも安全なダイエットピルとして世界的に注目を集めているお薬です。通常、1日1~3錠を食中もしくは食後30分以内に服用することで、脂肪分解酵素(リパーゼ)の働きを阻止します。食事で体内に入った脂肪の約30%を吸収させず、便として排出させ、体重の減少を図ります。通常、2週間以内に減量が始まります。カロリー控えめで栄養バランスのとれた食事を維持し、体重を半年から1年減量し続けます。その後も減量体重を維持し、体重増加を防ぎます。※脂肪分の含まれない食事、食事を抜いた時は服用しないでください。

ゼニカルが適用できない方
  • 18歳未満の方
  • 66歳以上の方
  • 慢性的に消化不良を起こしている方
  • 胆のうに障害がある方
  • ゼニカルの成分にアレルギーがある方
  • 妊娠中の方
食欲抑制剤 Mazindol(マジンドール):商品名:サノレックスについて

サノレックスは、脳の視床下部に働きかけて食欲をコントロールする内服薬です。日本で初めて承認された食欲抑制剤で、肥満度が+70%以上(もしくはBMI35以上)の高度肥満症の治療に補助的に用いられます。向精神薬第三種に分類され、覚せい剤(アンフェタミン類)に類似した特性をもつため、依存性に十分な注意が必要。服用期間中は乗り物の運転は控えていただきます。1日1回、昼食前(もしくは昼食後)に服用します。

サノレックスが適用できない方
  • 緑内障の方
  • 心臓・すい臓・腎臓・肝臓に障害のある方
  • 高血圧の方
  • 精神障害のある方
  • サノレックスの成分にアレルギーがある方
  • 妊娠中の方
メディカルダイエットの効果

メディカルダイエットは、事前に医師による適切な診察および血液検査などを通じて薬が処方されます。無秩序にダイエット薬を服用すると副作用で健康を害したり、思わぬ病気を招いたりします。正しい使い方、適切な医師の管理のもと行うメディカルダイエットは、安全に健康的なダイエットを目指すものです。

コース紹介

料金表
ゼニカル 処方 1錠(120mg) 600円
サノレックス 処方 1錠(0.5mg) 800円

※価格はすべて税別です。

「メディカルダイエット」についてよくある質問

Q.副作用はないのですか?
A.医薬品ですので、いずれも副作用を伴います。ゼニカル服用後は、脂肪便や便意頻回など、排便に変化が生じることがあります。また、サノレックスの特徴としては、口渇、便秘、睡眠障害などの症状が出ることがあります。
Q.肥満と診断されないとメディカルダイエットはできないのでしょうか?
A.メディカルダイエットは医療行為ですので、美容・痩身目的では行えません。医師の適切な診断と管理のもと安全に行われなくてはなりません。肥満でお困りの方、肥満と診断されたけれど、どのようなダイエットでも成果が出なかった方は、当クリニックへお気軽にご相談ください。(内容をご確認ください)
Q.メディカルダイエットは保険が適用されますか?
A.保険適用とはなりません。
Q.何度も通院が必要でしょうか?
A.はい、薬の効果や副作用などをしっかり診ながら管理する必要がありますので、定期的に通院していただきます。目標体重に達したら服用をストップしていただきます。
Q.薬の服用を止めたあとに、リバウンドなどないのでしょうか?
A.服用中止の影響によるリバウンドはありませんが、食欲が戻ってからについてはご本人の意識次第になります。